【2019年問題(FIT終了)】の対策は蓄電池で自家消費

2019年問題とは?

2009年11月から始まった主に太陽光発電の余剰電力を固定価格買取制度の導入を受け、2009年だけでおよそ56万軒の住宅が太陽光発電システムを設置して安定した売電収入のメリットを得ていました。当時の電力の買取価格は住宅であれば48円/kWhの収入が得られ、10年間の契約期間となっていました。

しかし2009年11月から10年が経過する2019年、56万軒の住宅が固定買取価格制度の契約が一斉に満了します。

固定買取価格制度が終了してしまった時の売電価格は10円/kWh以下になってしまい、国は買取義務がないため最悪の場合は無償での買取となる恐れがあります。

今まで48円で売電できていた太陽光発電システムの電力が一気に大幅な値下げを強いられる住宅が2019年だけで約56万軒も出てきてしまい、個人住宅の電力市場としてパニックが起こってしまう可能性が非常に高いです。これが2019年問題と言われるものです。

なお、2020年にはさらに約19万件、2021年には約24万件が余剰電力の固定買取価格制度が終了し、この問題は今後数年間は継続されると予想がされます。

2019年問題への対策は大きく3つ!

無償で電力会社に送電

太陽光発電の余った電気を無償で電力会社に送電します。FIT卒業後に何も対策を取らなければ無償で電力会社に送電されてしまう恐れがあります。国にとってECOには貢献できますが、太陽光発電を設置している住居者へのメリットはゼロ。これではあまりにも厳しい仕打ちになってしまいます。

売電契約を再締結

固定買取価格制度が終了しても売電契約を再締結して売電を続けることが可能です。その場合同じ電力会社で売電を続けることができますし、別の小売電気業者に売電することもできます。しかし売電単価は2009年の売電買取価格48円/kWhから10円/kWh前後と大きく値下がりしてしまいます。

蓄電池を導入して自家発電に活用

蓄電池を導入することで太陽光発電システムで作った電気を溜めておくことができます。昼間は太陽光発電システムの電気を活用し、蓄電池に溜めた電気を電気を消費量が多い夜間に利用することで光熱費の大幅な削減が見込めます!

売電が期待できない今、 蓄電池で太陽光発電システムを効率的に 利用することをオススメします!!

太陽光発電システムを蓄電池で効率化する流れ

今までの太陽光発電システムは昼間に発電した電力を電力会社にそのまま売電して収入を得る家庭が大半でした。しかし、FIT終了に伴い売電価格が激減してしまった状態で売電を続けるよりは、太陽光発電システムで発電した電力を自家発電で賄う方が効率的です。

昼間で発電した太陽光発電システムの電力を自家発電で利用したとしても、消費電力より発電量が上回ってしまうことが多く、余剰分は安い売電価格で売電に回さなければいけません。また夜間や悪天候時は太陽光発電がほとんど見込めないため、消費電力をほぼ全て電力会社から買電することになります。

蓄電池を設置することで、昼間に太陽光発電システムで発電した電力のうち、消費電力を超えた分の電力を売電ではなく蓄電池に溜めておくことができます。そして昼間に蓄電池に溜めた電力を、消費量が多い夜間に利用することができるため、電力会社から購入する電力を大きく削減することができます。

目的によって切り替えられるモード設定

大手メーカーの蓄電池であればほぼ全ての機種で、蓄電池の設置目的によってモード切り替え機能が付いています。

切り替えられるモードは「経済性モード」と「自家発電モード」です。 ※モードの名称はメーカーによって違いがあります。

経済性モード

経済性モードとは売電を重視して蓄電池を利用する設定です。 太陽光発電の発電が活発な昼間は自家発電に利用し、余った電気を売電に回します。割安の深夜電力で蓄電池に蓄電しておき、発電量が少ない朝や夜の時間帯に消費する電力を蓄電池の電気で賄います。

自家発電モード

自家発電モードとは電気代節約を重視して蓄電池を利用する設定です。 太陽光発電の発電が活発な昼間は経済性モードと同様に自家発電に利用しますが、それでも余った電気は蓄電池に蓄電します。太陽光発電の発電が少なくなる夜の時間帯に蓄電池の電気を使うことで、昼間の割高な電気を出来る限り購入することなく自家消費ができます。こちらも割安の深夜電力を使って蓄電池に蓄電します。

FIT終了前は経済性モード
FIT終了後は自家発電モード
に切り替えて2019年問題を解決!!

停電時の非常電源としても利用可能

蓄電池を設置する目的の一つとして停電時の非常用電源として利用できることも大きなメリットの一つです。
地震や台風などの災害によって停電が起こってしまったとしても、一定時間は蓄電池に貯めておいた電力で電気を使うことができます。

*1 太陽光発電(約4.2kW)とセットで使用した場合のシミュレーションより算出。日本国内における雨天時などの日射量の少ない日を想定し、2kWh/日の発電量の条件で試算。
*2 定格容量積400Lクラス、インバーター制御冷蔵庫。
*3 1台あたり約2時間半充電。
*4 1回あたり約1時間で炊飯。
*5 1回あたり約800mlを約4分で沸騰。

まとめ

太陽光発電システムで売電を続けていたご家庭にとっては致命傷とも言える2019年問題。固定価格買取制度(FIT)が終了してしまえば役割を終えてしまうと思われていた太陽光発電システムですが、蓄電池と組み合わせることによって新たに有効活用することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です